ガレージハウスを建築する際の注意点とその複雑さ

ガレージハウスは、1階部分が開口部分となることが多いため、木造での建築は耐震構造上、止めた方がいいと思います。建築するのは可能だと思いますが、耐震性に関しては不安が残ります。ガレージハウスで三階建てを建築するのなら、鉄骨構造をお勧めします。またガレージハウスを建築するのは、ハウスメーカーでもやっています。大手のハウスメーカーなら、ガレージハウスを建築するのも安心だと思います。ただガレージハウスを建築するのには、在来工法でない方がいいと思います。ガレージハウスをハウスメーカーで建築するのならパネル工法の方がいいと思います。ハウスメーカーでガレージハウスを建築する際は、ある程度の敷地の広さが必要だと思います。ガレージハウスで三階建てを建築する場合は、建築基準法上、建築することができない場合もあるので、建築できるかどうか、ハウスメーカーと相談するといいと思います。またガレージハウスの建築工法によっては、容積率やけんぺい率が変わってくることもあります。ガレージハウスの建築では、建築工法によっては、ガレージ部分と住居部分が異種用途として区別されることもあるので、固定資産税のかかり方が違う場合があります。ガレージハウスには、建築工法など複雑なことも多いと思うので、建築するハウスメーカーなどに聞いておいた方がいいと思います。またガレージハウスの場合、地域によって、耐火構造の基準が違ってくると思います。ガレージハウスは、一般の住宅の建築工法とは違い、複雑な部分も多いので、ハウスメーカーに相談したり、調べてから建築した方がいいと思います。

share this page

Related Post

Activate the Wp-related-posts plugin to see the related post list!

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans