勃起障害を治療して男としての自信を再び持つ

まるで兄と妹のように仲が良い男友達がいます。彼は新婚さんで、奥さんとはすごくラブラブだし、この分じゃ赤ちゃんができるのもすぐだろうななんて話していました。ところが、彼が深刻な顔をして黙り込んでしまったんです。あまりに悲痛な顔をしてるのでどうしたのか聞いたら、誰にも言わないでくれと前置きされて、勃起障害であることを告白されました。結婚してしばらくたってからそんな状態で、今では夜になることが苦痛でたまらなくなってしまったとか。


勃起障害はEDとも呼ばれ、満足な性交ができるほどの十分な勃起ができないとか勃起した状態を維持できない、性交のチャンスがあってもそのほとんどで性交ができない状態のことなんですね。友人の場合は、始めてしばらくは勃起したままだけど、いざ合体という時に元気がなくなってしまうらしいです。

奥さんは最初は慰めてくれたり心配もしていてくれたそうだけど、最近は自分に魅力がないせいじゃないかと落ち込んでいるそうです。

それで、彼はとうとう勃起障害を治療することにしたそうです。専門家にかかった結果、彼の場合は機能性勃起障害というもので、精神的なことが原因だということがわかりました。そこでカウンセリングを受けて、徐々にストレスや無意識に持っていた性的なトラウマなどの克服を目指すことになったそうです。まだ勃起障害が治ってはいないけど、原因がわかったことで久々に彼にも笑顔が戻っていました。今のところ数回のカウンセリングしか受けてませんが、それでも少しずつ自分に自信がでてきたと言っていました。彼と奥さんは本当に素敵なご夫婦だから、元に戻ったらきっと赤ちゃんも喜んで来てくれるんじゃないかと思いました。

病院にかかりしかっり診てもらうのが最もゆうこうですが、病院に行くのは気が引けるという方は、サプリメントなどを利用して、勃起の補助をしたりペニス増大を図れるか試してみるのもよいですね!!

share this page

Related Post

Activate the Wp-related-posts plugin to see the related post list!

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans